県は、今回の東京電力株式会社福島第一原子力発電所の事故を踏まえて、県民の安全安心を確保する等の観点から、県内の環境放射線の監視を強化しています。
この度、文部科学省からサーベイメータによる広域エリア調査の協力依頼があり、県は県内10市町村を選定し、地上1 mの高さの空間放射線量率の測定を7月7日から13日にかけて行いました。測定結果は24~58 nGy/h(ナノグレイ/時)であり、自然環境における放射線レベル※の範囲内で、異常は認められませんでした。

※平成20年度環境放射能水準調査による日本全国の空間放射線量率測定結果:24~140 nGy/h
(測定器:サーベイメータ)

 

(添付資料)
・サーベイメータによる広域エリア調査結果
・青森県内の大地からの放射線量(参考)

 

・県内のサーベイメータによる広域エリア調査結果(原子力安全対策課ホームページ)

無料オンラインカジノスロットのご紹介


・各都道府県におけるサーベイメータによる広域エリア調査結果(文部科学省ホームページ内)
http://www.mext.go.jp/a_menu/saigaijohou/syousai/1307975.htm
・環境放射線の測定結果について(日報)(毎日更新)(原子力安全対策課ホームページ)