ここからがメニューです メニューをとばして本文へ
ここから本文です
ホーム >>  おしらせ >> 環境放射線モニタリングにおける大気中ヨウ素131の検出について

おしらせ

環境放射線モニタリングにおける大気中ヨウ素131の検出について

2011年04月06日掲載

 県及び日本原燃株式会社は、原子燃料サイクル施設に係る環境放射線モニタリングとして、モニタリングステーションにおいて、大気中ヨウ素131を1週間ごとに採取・測定し、四半期ごとにとりまとめ公表しているところですが、3月28日から4月4日までに採取した試料において、極微量のヨウ素131が検出されましたのでお知らせします。

 

 測定結果の最大値は0.8ミリベクレル/立方メートルで、国が定める環境における基準(周辺監視区域外の空気中ヨウ素131の濃度限度)の約1/6000と極微量であり、健康への影響はありません。

 

 この期間における県内の原子力施設からヨウ素131の異常な放出がないことなどから、福島第一原子力発電所事故の影響と考えられます。

 

(参考)
 仮に今回測定された濃度の空気を1週間吸い続けた場合に受ける線量を試算すると、最大0.002マイクロシーベルトであり、1回の胸部レントゲンでうける線量(約50マイクロシーベルト)に比べて十分低い値です。

 

(添付資料) 環境放射線モニタリングにおける大気中ヨウ素131測定結果

Abode Readerのダウンロード

一部の資料はPDF(Portable Document File)にて情報を公開しています。PDFの閲覧にはAbobe Readerが必要です。こちらからダウンロードできます。